【予想・第4弾】競輪グランプリ2021 独断で優勝者予想

スポンサーリンク
競輪

  競輪グランプリの予想第4弾。 競輪祭も終了し、今年のグランプリ出場者が決定した。 初出場が3名いる一方、9年連続12回目となるベテラン平原も出場。 選手コメントが無いなかで、かなり気が早いが、勝手に優勝者予想してみた。

(注)本ブログは12月初旬に記載したもの。  12月21日のKEIRINグランプリ2021共同記者会見で確定した並びに、過去の分析結果を当てはめ予想した、優勝者予想やおススメ車券はここ見てや。

ナコン君の 「競輪グランプリ2021」大予想|ナコン君|note
 ワイは、20年以上、競輪グランプリに賭け続けている。 その中で強く感じるのが、「競輪グランプリは、他のレースと異なり、過去の法則が当てはまる」ということ。  通常のレースであれば、その時々に、選手ごとに分析する必要がある。 レースに勝ちに行く本気度 レース時の体調  「勝ちに行く本気度」は、3着入...
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
スポンサーリンク

出場者決定

 競輪際で吉田が優勝し、競輪グランプリの出場者が決定した。 初出場は3名で、あとの6名は昨年に引き続きの出場や。

出場者の賞金ラインキング

 賞金ランキング10位以内から9人出場。 つまり年間通して活躍した選手が出場しており、一発屋的に出場した選手はいないっちゅうことや。 

 松浦は、賞金が1億6千万円と10位の宿口の2.5倍と高額、最近不調やけど凄い額や。 

競輪グランプリの過去の成績

  各選手毎に競輪グランプリに出場した年と順位を表にまとめた。 

  • 平原の9年連続12回目の出場は断トツのベテラン。 しかし成績は全く振るわない。 一番良い時が初出場の2008年で2位。 あとは3位が2回しかなく、グランプリとの相性は悪そうや。
  • 佐藤慎太郎は、3年連続だが、その前は10年以上前の2003年~2006年だから、驚き。 一度トップから落ち、10年以上ブランクを開けて、再びトップ争いに戻ってくるのは、相当な精神力がある。 今年出場者の中で唯一、グランプリ優勝経験者。
  • その他の選手は若く、清水でも4年前からの出場
スポンサーリンク

競輪投票サイト Rakuten Kドリームス

 グランプリ予想する際、過去のデータ調べは、 Rakuten Kドリームス が便利や。 レース映像や、レース後の選手コメントが閲覧可能。

 Rakuten Kドリームスに新規申し込みをすると、11月22日~12月3日までの期間限定で、3000円分投票できるポイントがもらえるキャンペーン実施中! まだ申し込んでいない人は是非! 上手く当てれば、無料で賭け金で何万円も当たるかも!?

 加えて、会員限定で「競輪王ゼロ」が全巻無料で読める! 借りても買ってもかなりの金額になるので、かなりうれしい。 ワイも、競輪漫画『Odds』(オッズ)に引き続き愛読中や。

スポンサーリンク

勝手に展開予想

並び

 レース前の選出のコメントを見ないとはっきりしないが、勝手に並びを考えてみた。 地区だけで考えれば5分戦の細切れになる。 

北日本ライン守澤ー佐藤
中国ライン松浦―清水
関東ライン吉田ー平原ー宿口
南関ライン郡司
近畿ライン古性

 しかし追い込み型の守澤と佐藤がラインを組むより、郡司や古性の番手の方が優勝を狙えるので、4分戦になりそうや。

中国ライン松浦―清水
関東ライン吉田ー平原ー宿口
慎太郎ライン郡司ー佐藤
こもりライン古性ー守澤

吉田と平原の関係

 吉田は茨木、平原は埼玉と同じ関東地区。 寛仁親王牌や競輪祭での連携を見ていると絆は深いと感じる。

寛仁親王牌

 寛仁親王牌の決勝で、吉田は機関車になって平原を引っ張り、結果、優勝は平原、吉田は6位(落車失格があったため実質8位)。 吉田が同地区の先輩のために走ったレースやった。

・・・最終周回、1センターから早々と吉田選手が外から捲りにいったんですから、新田選手はたまらない。事前の想定よりもはるかに早く、全力で踏まされてしまいます。 そして、バックストレッチに入ったところで吉田選手は進路を外に振り、ポジションを平原選手に譲って戦線を離脱

引用:NETKEIRIN 【寛仁親王牌 回顧】戦略的にも“完勝”だった平原康多

競輪祭

 競輪祭の準決勝は、吉田ー平原のラインで戦い、吉田が3位で決勝進出、平原は4位。 レース映像を確認すると、4番手にいた平原がレース中後ろを常にうかがっていた。 平原は、吉田を3着にするため、「後ろからの選手が来ればブロック」「3着は吉田に譲り、自らは4着」というレース運びをした、とワイには見えた。 

 吉田は立直して北日本を追走する形で3着。「後ろに迷惑をかけて自分だけが決勝で申し訳ない。・・・平原康多さんにはお前が乗って良かったと言ってもらえ報われた」。

引用:小倉競輪 レース詳細 | 朝日新聞社杯競輪祭 11R S級準決勝 | 2021年11月22日【Kドリームス】 (kdreams.jp)

グランプリ2021優勝者予想

  • 寛仁親王牌での吉田が機関車となり平原優勝
  • 競輪祭では、平原が準決勝でさりげないアシストで吉田が決勝進出し結果優勝。
  • 平原は競輪グランプリ出場11回しているが、一度も優勝していない。
  • 脇本のような強力な先行選手が不在

以上を踏まえると、『平原が優勝』と予想。

吉田が早捲りし途中で離脱、その後、番手の平原が自力で捲り優勝!

ナコン君
ナコン君

各選手、このシナリオも考慮し、勝つためのレースを考えてくるから、

レース前のコメントに注目や。

スポンサーリンク

これまでの予想ブログ

第1弾の予想内容

 現時点で出場決定選手や賞金ランキングから出場濃厚選手をリスト化した。 そのうえで、山田裕二帝王の発言を基に、過去のデータと照らし合わせて、競輪グランプリ優勝者像を探った。

第2弾の予想内容

 予想の第2弾は、配当金額を基に、どのような決まり手になりそうか予想したで。

第3弾の予想内容

  競輪グランプリの予想第3弾。 グランプリでは波乱が良く起こった記憶がある、「なんで落車するんや!」「お前、先輩のために捨て駒になる走りすんなや!」等のワイの熱い声援(?)を送った記憶がある。 データで検証してみた。 

スポンサーリンク

おわりに

 あと1か月で競輪グランプリ。 今年も終わりや、最後は当てにいくで!

 ランキング参加中や、ポチッとおしてな。


競輪ランキング にほんブログ村 公営ギャンブルブログ 競輪へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました